<< 当院の治療法2 | main | ボキボキ鳴らすことは、どういうことなのか >>

ポキポキ鳴らさない理由

当院では、いわゆる整体の治療で行われているようなボキボキ鳴らす矯正は行っておりません。


●理由その1

瞬間的に強い力を加える矯正法は、特に高齢の骨粗鬆症の進んだ患者さんでは事故につながるおそれがある。


●理由その2
関節をボキボキすること自体は手の指を強く曲げると音がするのと同じ原理です。

関節がある程度広がったときに音が出るわけですので、どこかの関節が動いたという証明にはなるかもしれません。

しかし、そのことによってずれていたものが元に戻ったというわけではありません。

背骨に動きの悪い関節がある場合、その動きの悪さを代償するために上下に動きすぎる関節が出来てしまうことが良くあります。

強い矯正の問題点として、動きの悪い関節を動かそうとして、実はその上下の動きすぎている関節を動かしてボキッと鳴っていることがあります。

その場合、そのときは気持ちよくても、そのような治療を繰り返す内にだんだんと症状が重くなったりしてしまいます。

当院では、「歪みを整える、動きの悪い関節の動きを良くすることが筋肉のバランスを整えることになり、患者さんの症状改善につながる」という考えのもと治療しております。

無理な矯正を行わなくてもソフトな力で安全にその目的が達成できれば、それに越したことはないと考えます。
 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
:携帯用サイトです
このサイトは、携帯用に最適化されております。
PCをご利用の方は、
長野県下伊那郡の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス
もしくは、
佐野カイロ(ブログ)
をご覧下さい。
お問い合わせ・ご予約
当院は予約制です。お電話でご予約ください。
0265-35-7411

平日
 9:00〜12:00,14:00〜18:00

休診日:日曜日/祝祭日の午後
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode