<< ボキボキ鳴らすことは、どういうことなのか | main | 治療でボキボキするのは… >>

頚をボキボキ鳴らすことがなぜいけないのか

頚をひねってボキボキ音がすると言うことは、頚の骨と骨との間の関節がある一定以上動いたということです。

でもそのことが何故いけないのでしょうか。

頚の骨は全部で7つあり、それらの骨が少しずつ動くことによって頚全体の大きな動きを作っています。

頚を強くひねると、頚の中でも動きやすい関節が動いてボキボキという音がします。

ボキボキ鳴らすことを度々繰り返すしていると、いつも動くグラグラな関節と、動きの悪い関節とができてしまいます。

このような状態になると、普段頚を動かした時でも、その動きのほとんどをその動きやすい関節が行い、常に負担がかかる様になってしまいます。
関節に負担がかかることによって、そのまわりに炎症が生じたり、ぐらぐらな関節を支えるためにそのまわりの筋肉が緊張してしまうことになります。

そうなると、頚の周りが苦しくなりますから、またボキボキ鳴らしたくなるという悪循環になるのです。

ボキボキを止められない理由の一つに、「ボキボキした後、スッキリした感じがする」というのがあります。

確かにスッキリします。

しかしそれは、手の指をボキボキやった後のスッキリ感と同じものです。

だから、治療的意義があまり無いことは、理解していただけると思います。
 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
:携帯用サイトです
このサイトは、携帯用に最適化されております。
PCをご利用の方は、
長野県下伊那郡の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス
もしくは、
佐野カイロ(ブログ)
をご覧下さい。
お問い合わせ・ご予約
当院は予約制です。お電話でご予約ください。
0265-35-7411

平日
 9:00〜12:00,14:00〜18:00

休診日:日曜日/祝祭日の午後
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode