ポキポキ鳴らさない理由

当院では、いわゆる整体の治療で行われているようなボキボキ鳴らす矯正は行っておりません。


●理由その1

瞬間的に強い力を加える矯正法は、特に高齢の骨粗鬆症の進んだ患者さんでは事故につながるおそれがある。


●理由その2
関節をボキボキすること自体は手の指を強く曲げると音がするのと同じ原理です。

関節がある程度広がったときに音が出るわけですので、どこかの関節が動いたという証明にはなるかもしれません。

しかし、そのことによってずれていたものが元に戻ったというわけではありません。

続きを読む >>

ボキボキ鳴らすことは、どういうことなのか

頚や肩が凝りやすい人の中には、自分で頚を強くひねってボキボキ音を出すことが癖になっている人が多いようです。

頚をボキボキ鳴らすと気持ちが良く、ついついやってしまうのです。

ところが、それによってかえって症状が強くなっていることが多いようです。


●ボキボキ鳴らすことは、どういうことなのか
頚をひねった時に鳴る音は、いったい何の音なのでしょうか。

ボキボキ音がすると、ズレていたものが矯正されたような感じがしますが、実際はどうなのでしょうか。

試しに自分の指を鳴らしてみましょう。

強く指を曲げていくと、指の関節が「ポキッ」と鳴ります。

続きを読む >>

頚をボキボキ鳴らすことがなぜいけないのか

頚をひねってボキボキ音がすると言うことは、頚の骨と骨との間の関節がある一定以上動いたということです。

でもそのことが何故いけないのでしょうか。

頚の骨は全部で7つあり、それらの骨が少しずつ動くことによって頚全体の大きな動きを作っています。

頚を強くひねると、頚の中でも動きやすい関節が動いてボキボキという音がします。

ボキボキ鳴らすことを度々繰り返すしていると、いつも動くグラグラな関節と、動きの悪い関節とができてしまいます。

このような状態になると、普段頚を動かした時でも、その動きのほとんどをその動きやすい関節が行い、常に負担がかかる様になってしまいます。
続きを読む >>

治療でボキボキするのは…

さて、「治療的意義がない」と書きましたが、「カイロプラクティックや、整体の治療でも、ボキボキするではないか」と思われる方も多いと思います。

確かに、治療上ボキボキすることがあります。

カイロプラクティックでは、動きの悪くなった関節を動くようにすることが、治療上重要な位置を占めています。

そこで、触診によって動きの悪い関節を探し出して、その関節を動かすためにそのようなテクニックを使う場合があります。

通常は、ある1カ所の関節をねらって矯正しますから、矯正音は「ボキッ」と一回だけ鳴るのが普通です。

続きを読む >>

自分でむち打ち症を作ってしまう

ボキボキ鳴らすことによってグラグラな関節を作ってしまうということのほかにもう一つ問題があります。

それは、自分で頚をならす場合にかなり無理なひねりと力をかけてしまうことです。

瞬間的に強い力がかけられるために、頚を支えている靱帯や筋肉が急に伸ばされ、微細な内出血等が生じて、炎症が起こってしまいます。

この状態は、いわゆる「むち打ち症」と同じです。

続きを読む >>

ボキボキ鳴らすのをやめるには

ボキボキ鳴らすことが良くないことだとわかっても、癖になってしまったものをやめるのは並大抵のことではありません。

その一番の問題は、「ボキボキ鳴らすとスッキリする」ということです。

頚の周りが苦しくなった時に一回頚をひねってボキボキとしてしまうと、一時的にしろ、かなり楽になります。

しかし、それと同時に頚が重くなる原因を作っているわけですから、決して良いはずがありません。

実際この癖を無くしただけで、特に治療することなく頚の症状が軽くなってしまうこともあります。

それでは、頚が重たくなってきたら、どうしたら良いのでしょうか。


まず、軽いストレッチをやってみましょう。

重苦しい部分の筋肉が伸びるように頚を曲げ、しばらくその位置で止めておくというものです。

このとき、決して無理に伸ばさない様、ほんの少し張り感のあるところで止めるようにしてください。

続きを読む >>

腰痛予防にゴリラ体操

腰痛予防のための腰に負担をかけない体の使い方として、

  • 物を持つときは体にくっつけて持つ


  • 物を持ち上げるときは、腰を曲げるのではなく、膝を曲げて腰を落として持ち上げる


など、指導されることは良くあることです。

指導されたときは、「なるほど」と思っても、日常生活の中で、これまでとは違った体の使い方は、なかなか出来ないものです。

そこで、ゴリラ体操 という新しい体操を考案しました。


●ゴリラ体操の目的

  1. 腰に負担をかけない体の使い方を自然と出来るように身につける


  2. 股関節を柔軟にし、その周りの筋力を強くすることで腰痛を起こしにくい体を作る

ゴリラ体操の実践(Youtube動画)

続きを読む >>

腰痛予防体操第2弾 やっこさん体操

●やっこさん体操の目的

1.腰周辺の筋力強化
腰を支える筋肉を、深部の脊柱起立筋や表層の背筋、腹筋も含め、総合的に強化します。

2.身体を動かす際の、脊柱起立筋の反応を良くする
脊柱の周りの筋肉にリズミカルな刺激を与えて、腰を動かす際の筋肉の反応を高めることを目的としています。

副次的な効果として、
  • いわゆるツイスト運動と比べ、腹筋への刺激が大きい運動になりますので、ウエストのシェイプアップ(引き締め)効果がかなり高い運動になっています。

  • 体幹を固定する感覚が養われますので、野球やテニス、卓球などスイング系のスポーツのパフォーマンスアップも期待できます。

やっこさん体操の実践(Youtube動画)

続きを読む >>

肩こり対策1

肩こりというのは、頸の骨と肩甲骨をつないでいる筋肉の血行が悪くなって緊張している状態です。

<肩こりと姿勢の関係>
凝っている筋肉は、身体が起きた状態のとき

  • 身体の上に乗っている頭を支える


  • 立っているときに腕の重さを吊り上げる 


という働きをしています。

頭の位置が頸の真上に有ればほとんど頭を支えるための緊張はいりません。

ところが、頭の位置が身体より前の方になったうつむいた状態や、両方の肩関節が前の方に出て背中が丸くなった状態になると、これらの筋肉に負担がかかりやすくなります。

長時間この姿勢が続くと自然と疲労が蓄積して筋肉が凝った状態になります。

ですから、日常の姿勢を改善することは非常に重要になってきます。

続きを読む >>

肩こり対策2

<運動>
積極的に肩甲骨周辺の血行をよくするための運動をすることも有効です。

凝っている筋肉を伸ばしたり縮めたりします。

具体的には次のような事をします。

  • 肩全体を上下に動かす。


  • 肩甲骨を背骨に近づけるように胸を張る。


  • 逆に遠ざけるように胸をすくめる。


また、肩こりの予防には、頸周辺の筋肉を強化する運動も効果があります。

  1. 片方の手を耳の上の辺りにくっつけて頭と腕とで力比べをするように押し合います。


  2. 5秒間ぐらい力を入れたら休みます。


  3. 左右数回ずつ行ってください。

続きを読む >>

:携帯用サイトです
このサイトは、携帯用に最適化されております。
PCをご利用の方は、
長野県下伊那郡の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス
もしくは、
佐野カイロ(ブログ)
をご覧下さい。
お問い合わせ・ご予約
当院は予約制です。お電話でご予約ください。
0265-35-7411

平日
 9:00〜12:00,14:00〜18:00

休診日:日曜日/祝祭日の午後
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode